悪い影響を及ぼす歯列は矯正歯科で治療しよう

悪い影響を及ぼす歯列は矯正歯科で治療しよう

歯

歯並びは歯周病の原因にもなる

歯並びが良くないことを歯科の世界では不正咬合といいます。見た目が気になるので治す人が多いですが、「私は気にしないのでいいや」と考えるのは間違いです。実は歯並びが悪いことによって、ブラッシングがしにくくなるので、歯石や歯垢が溜まる原因にもなります。それによって歯周病が引き起こされるのです。

マウスピース

様々な種類がある

自分が不正咬合と気づいていなければ、ブラッシングやメンテナンスがおろそかになってしまいます。不正咬合であれば、新宿駅などにある矯正歯科でインビザラインという矯正方法も利用できるので、まずは自分の口をチェックしてみましょう。前歯が凸凹していることを叢生、上顎前突といういわゆる出っ歯もあります。また、前歯がかみ合っていない状態を開咬といい、前歯でものを噛むのが困難になっている状態もあるので、矯正歯科ではそれぞれ状態に合った矯正治療をしていきます。

二種類の矯正方法を比較してみよう

ブラケット矯正

歯に一つ一つブラケットといわれる小さな金属を当て、それにワイヤーを通して少しずつ歯を矯正していくものです。今では裏側から行なう方法や、透明や白のブラケットを使うことで目立たずに矯正できます。

マウスピース矯正

大きな咬合のずれに関してはあまり使われませんが、マウスピースで矯正できるということで目立たない矯正として注目されています。費用はトータルで80万円前後かかり、取り外してあらうこともできるため衛生的です。

広告募集中